スーツ贅沢してみた!
- 2017/06/03(Sat) -
ウェットスーツ。2013年から使っていたロクハンがヘタって、
生地が潰れ、かぶりのフードが裂けてしまったので、新たに作った。
ウェットはフィット感が重要、全身採寸のフルオーダー!

で、せっかく作るなら、ちょっと贅沢しようと。
前々からオーダーしてみたかった老舗「チコ」に出向き、採寸&発注。

2週間で完成!IMG_1470.jpg

生地は6.5mmWスキンなれども、この店で扱っているハイテク加工素材
「ブラックリペル/タックレス」を奮発した!

スキン地の表面は滑性素材をコーティング、
裏面は25ミクロンの滑性ウレタンフィルムをラミネートして熱圧着加工。
ツルン!と脱ぎ着できる、かなり嬉しい素材。

 IMG_1481.jpg

これまで着ていたジャケットは、半ファスナーの“かぶり”(フード一体タイプ)。
腕を高く上げて脱ぎ着しなければならないため、○十肩の身にはつらくなってきた。
なので、今回のジャケットは全開ファスナーに変更。
保温性はフード一体より落ちるけど、これで脱ぎ着が断然楽になり、実に快適。

そして、保温性を高めるため、フードは首部分を長くしたロビンフッドタイプ。
これを6.5表ジャージのリペルサーモスキンでオーダー(通常フードと比較↓)

 IMG_1480.jpg

長く伸びたフードの裾をジャッケトの中に入れて着れば、首が直接水に触れない。
エントリー時に“冷た!”はあるけど、潜ってしまえば保温性はまったく気にならず!
脱着がちょっときついけど、フード慣れしている方なら問題ないと思います。

ってなことで、店で相談ながら作った自分仕様(左右の腕の太さも変えてます)
その使用感も期待どおりで、ドライの水抵抗から解き放されたのもあって、
スイスイ進むものだから、ついつい、必要以上に泳ぎ回ってしまうのです。


スポンサーサイト
この記事のURL | ダイビング | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ハイドンの神髄 | メイン | 午前5時の歓喜!>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://withyoursmile.blog12.fc2.com/tb.php/2359-374d7c1d
| メイン |