聞かずにはいられない♪
2017/05/13(Sat)
オラが街のオケ、リハーサルを堪能したらね、ジワジワと膨らんできた
「本番が聞きた〜い!」・・・魅力的なプログラムなんだよねぇ〜!

・ワーグナー:タンホイザー序曲
・ワーグナー:女声のための5つの詩
・ブルクナー:交響曲第3番

当日の昼、本業の状態から行けそうだ!と判断し、Telでチケット確保。
ホールは、いつもの“トリフォニー”ではなく、この日は“みなとみらい”

ふ〜む、客層が違う! IMG_1437.jpg

久しぶりのホールに駆け込もうとして、オッと!、確保できた席は真逆だ。
正面のパイプオルガンの下、ステージの後方。指揮者を正面から見る場所!

IMG_1436.jpg

私が楽しみにしていたポイントはふたつ。
・ワーグナー歌曲に対するゲーリングの歌唱
・ブルックナーに対する上岡さんのアプローチ

結果、どちらもイメージどおり!、いやぁ〜大拍手!!
初来日のゲーリング(Kathrin Göring)6e5e767494958f0edb3ee488d9cb061d.jpg NJPWeb

しっとり落ち着いた声質のソプラノで、コントロールが効いていて、
歌曲の魅力、メロディの美しさを十分に伝えてくれました!!
ボーカルには不向きなステージ後方席で聞いたけど、背中で歌ってました。

そして、興味津々の上岡解釈によるブルックナー。
マーラーで聞かせてくれる独特な素晴らしい演奏が、ブルックナーでは?
きっと、聴き手によって好き嫌いがハッキリする演奏になるだろうなぁ・・・

と思ったとおり、だけど奇をてらったものではない。なので、私は◎!!
テンション高く、休符と弱音を存分に聞かせる演奏と表現すればよいかな?
リハで感じたとおり、オケが進化してますね〜♪
1曲目のタンホイザー聞いただけで嬉しくなってました(笑

超ヘビー級プログラムにもかかわらず、アンコール。
テンポ速っ!、倍速?と感じたけど、ブルックナーの後には妙に心地好い。

確信犯の上岡マジックか? IMG_1442.jpg

ところで、ホールに入ったらTVカメラが多数ありまして・・・
NHKが収録してました!!。ティンパニー後方の私の席位置、モロに映ります。。
ですが、放映日は“るあ”のライブであります(留守録しなきゃ)

IMG_1441.jpg

スポンサーサイト
この記事のURL | 音楽 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<反・予定調和 | メイン | 音色の重心>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

   ▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://withyoursmile.blog12.fc2.com/tb.php/2351-7d11b981

  ▲ top

| メイン |