感動の要因とは
2017/03/14(Tue)
いやはや、美しい音色だなぁ〜
何よりも、弱音時のピッチが安定しているし、パワーあれど強音時も荒れない!
これは、海外オケを聞いて、概ね共通する個人的感想なのだが・・・。

祈念その2 IMG_1001.jpg

久しぶりに現場で聞く海外オケ!、指揮はお馴染みインバルさん。
一昨日のアンコール曲で繋ぐ祈念、今日はマーラーの5番をどう紡ぐのか?
そう、一昨日の平和祈念コンサートの一環なのだが・・・

日本にお馴染みのインバルさんは別として、ヨーロッパから来たオケのメンバーは、
実感が伴わない祈念なのかもしれないので、純粋に演奏を期待して着席。

そして、ここから先は表現の好みの世界。
オケは生き物、聴衆も生き物、だから現場には醍醐味がある。
突っ込み感想と思ったけど、この日の演奏は皆さんも接することができます。

録画のセットを!! IMG_1002.jpg

4楽章のアダージエット、奏でる側の感情が表現に繋がるのだろうな。
一昨日とは別モノのアプローチなれど、今日は今日で素晴らしい演奏でした。
ただ、異様に思えるブラボーは、TV収録を意識してないかい?



スポンサーサイト
この記事のURL | 音楽 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<プログラムの妙 | メイン | 祈念コンサート>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

   ▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://withyoursmile.blog12.fc2.com/tb.php/2328-30ece5c5

  ▲ top

| メイン |