Closing Party
- 2018/06/22(Fri) -
OneDive写真展最終日の夜に開催されたパーティに出張先から直行!
集まったのは勿論、ダイバーばかりだ!

IMG_4459_20180622173053f66.jpg

優しすぎる?クイズ大会や写真展の主役4名それぞれのフィールドの映像による
スライドショー等、準備に手間と時間をかけたなぁ!と察せられる企画が素敵。

IMG_4463.jpg

葉山、八丈島、モルディブと、素晴らしいシーンの映像が続々と映し出され、
オォォォ!、素晴らしい!、見たい会いたい!、行きたい潜りたい!の歓声!

そしてトリは八幡野、マニアックに来るか?、アーティスティックに来るか?
と被写体選択に期待していると・・・・・えっ、なぜ登場!!(笑

IMG_4464_20180622173055ca3.jpg

この後も、現地のお馴染みさんたちが続々、、、、
何なの?、受け狙い?と思いつつ、確かにこの人の繫がりが八幡野の大きな特徴。
八幡野を知るタイバーたちも、現地ショップの横の繫がりと寛容性は素晴らしく、
他のポイントには無い、八幡野の大きな魅力に間違いない!、と納得していた。

美味しくたっぷり飲み食いしながら愉快な会話で楽しい時間を過ごしました。
写真展の来場者は1万人超えとのことで、大成功おめでとう!
そして、大変お疲れさまでした。

36064183_1781189328635095_4482706149073747968_n.jpg

スポンサーサイト
この記事のURL | ダイビング | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ONE DIVE
- 2018/06/19(Tue) -
八幡野でいつもお世話になっている「海好き」の“ふくちゃん”が
ガイド会に所属する各地のスーパーガイドとともに写真展を開催中。

   IMG01.jpg

ということで、冷やかし?・・・いや、勉強に行ってきた。

IMG_4453_201806171912299b0.jpg

八丈島、モルディブ、葉山、そして八幡野での撮影。
あえて撮影場所を表示せず、トータルで海と海洋生物の素晴らしさを
感じさせてくれる構成の展示が新鮮。

共通しているのは、ベースとする場所は違えども、4人それぞれ、
自分がガイドする海が心底好きなんだなぁ〜ってことが、作品に感じられること。
普通に観察できる種でも、それぞれの視点で被写体としての魅力を引き出している。

IMG_4451.jpg

思っていたより盛況!、この作品たちなら分かります!!
カメラ性能、撮影技術&手法が行き着いた感のある状況で、最後は感性なんだ。

場所はこちら IMG_4445.jpg

明るい時間帯の六本木は妙に新鮮なのだ・・・・・21日まで開催。

この記事のURL | ダイビング | CM(0) | TB(0) | ▲ top
アコ&エレ
- 2018/06/17(Sun) -
6月と12月、年2回恒例「LIKE-D」のバッキングサポート。
そして“るあ”としてのステージ。
バッキングはエレキなので、アコギと2セットを運び込む。
ビデオ等々を含め、この日ばかりは、機材運びが大仕事なのだ!

芸の幅? IMG_4441.jpg

何はともあれ、無事に任務を果たしホッ!

この記事のURL | 音楽 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
水鏡
- 2018/06/16(Sat) -
新幹線で移動中、車窓は田園風景。
水を張り、苗が少し伸び始めた田に空が反射している。
これなら、田に映る空の表情を撮影できそうだと思い、
iPhone取り出し、タイミングを見はからって撮影した。
(車内等ではシャッター音が出ないアプリ使ってます)

IMG_4420.jpg

水鑑の雰囲気と苗の列・・・・よっしゃ!、イメージに近い!
ひとり静かにニンマリ。

この記事のURL | 雑感 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ある街にて
- 2018/06/16(Sat) -
ここ何年も、3月末から6月末まで、ライブツアーを敢行しているふたり。
全国28都市の小さな箱を、自らクルマを運転し、街から街へと移動。
これまで、東京公演は聞きに行っているのだが、
他の街ではどのようなライブなのだろうか?と、気になっていた。

IMG_4427.jpg

それが出張族の巡り合わせで、偶然にも実現!
この街の小さな箱はココしか無い?となればやむなしなのだろうけれど、
いつもの東京の箱とは全く異なる現場環境は、ある意味で新鮮。

ピアノとボーカルだけ、シンプルだからこそ誤魔化しは利かない。
と思うのは真逆で、誤魔化しが利かないからこそ、このスタイルのふたり。
その意識の高さと強さがあるからこそ、どんな現場であっても
素晴らしいライブを創り上げるのだろうなぁ、と、しみじみ感じ入りました。

この方の歌を聞くたびに、声は偉大なる楽器であることを実感させられます。
途中で調律が入りましたが、アッという間の2時間半でした。

IMG_4424.jpg



この記事のURL | 音楽 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
梅雨空
- 2018/06/13(Wed) -
車窓は延々と垂れ込めた雲。
その雲の表情変化を感じるのもオツなもの。

IMG_4411.jpg

何処に行っても画一化しつつある商業的な街並みよりも、
歴史、文化、風土を感じさせてくれる風景に、梅雨空はマッチングすると思う。

この記事のURL | 雑感 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
るあ la mode Vol.18
- 2018/06/13(Wed) -
台風が迫りつつある中、雨にも係わらず、
多くの方にお越し頂き、感謝のひと言です。
エアリアルの強力なパワーにも助けて頂きました。

おかげさまで、充実感溢れるライブとなりました。
ただただ、ありがたや!です。

IMG_4403.jpg

勢いに興じ、オリジナル新曲も初披露と相成りましたぁ。
ほとぼり冷め、あとは静かに反省と改善の時間(笑
この記事のURL | 音楽 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
巣作り
- 2018/06/13(Wed) -
八幡野の浜、漁協の建屋の外壁は燕の往来真っ最中!
つがいが飛び交い、巣作りに勤しんでいる。
自らのチカラで、自重と子供たちを支える丈夫な巣を作るって、
素晴らしい能力だと思う。

IMG_4395_20180613001100260.jpg

しばらくの間、浜でノホホンとする楽しみが増えたのだ!

この記事のURL | 雑感 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
楽しみ方は無限なのだ
- 2018/06/13(Wed) -
遅れてやって来た春濁りの八幡野。
緑かがった潮と白濁した潮が混ざった感じで、
時間帯によっては深場がスコ〜ンと青く抜けたりして、
なかなか刺激的な季節の変わり目を実感できる。

そして、この潮の中で多くの生物が繁殖期を迎えてきており、
生態観察という大義名分を掲げるデバガメダイバーは、
水中で生命の営みを見つけては、ムフフとにやついているのだ。

その一方、ダイビングを大いに楽しむ面々は、
海中というシュチュエーションを存分に楽しんでいて、
ガンプラを持ち込んで、背景とライティングを凝りに凝って!
陸上では得られない表現を創り出そうという撮影企画で盛り上がり。

IMG_7765.jpg

これはけっこうハマル!・・・だろうけど、
個人的にはガンダムよりサンダーバードだ!!ということで、
試行錯誤している皆さんの様子を傍らに眺めながら、いつもの私。

この日のデバガメ成果・・・・
いやっ、生物たちの様子は「MYサイトのDiving News」にアップしています。

なお、ガンダム作品に興味ありの方は「海好きHP」でお楽しみください。

この記事のURL | ダイビング | CM(0) | TB(0) | ▲ top
紛らわしいのだ!
- 2018/06/03(Sun) -
先週は西伊豆に向かったので、2週間ぶりの八幡野。
春濁りが本格化?、特に下げ止まり時間帯は水深を下げてもドヨ〜ン!
生物たちは植物プランクトンたっぷりの潮で、スクスク育ってよ〜!!

2週間前、成長が始まったなぁと感じた海草のカジメ類は、
更に大きく成長、根の張りがもうひと息だけど、これは期待と、
ユラユラ揺れ続ける海草を1枚1枚めくりながら「スナビクニン」探しを敢行!

目標は根株の隙間に入って安定している子を見つけること・・・
葉の部分に付いている子は2個体確認できたけれど、まだ敏感なので、
海草をめくって、写真撮ろうとする瞬間に飛んで消えてしまうのだ。。。

おっ!これは!!IMG_7710.jpg

こうして画像で見れば明らかだけど、根株の隙間に入っている1cm程の小さな
巻き貝に何度も騙されてぬか喜びだ。。。。
緑がかって透明度が落ち、コントラストがかなり弱い水中で、
ましてや衰えている視力が重なると、識別がとてもムズ。強敵なのだ!!

2週間前に撮影できた「スナビクニン」はこんな感じ。
大きさ1cm程、画像中央の辺りにいる子が分かるでしょうか?

IMG_7607.jpg

ってなことで、今回も海草と格闘しましたが、残念ながらスナビクニン画像はナシ。
それでも興味深い他の生物たちの様子、MyサイトのDiving Newsにアップしています。

この記事のURL | ダイビング | CM(0) | TB(0) | ▲ top
淡水の海
- 2018/06/01(Fri) -
久しぶりに晴れて、雲の切れ間から覗く青空が気持ち好い。
広い風景、長閑だなぁ・・・・・

IMG_4352.jpg

淡水、当然ながら香りが違うのだ(そのあたり物足りず・・・)

この記事のURL | 雑感 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
なにわの箱
- 2018/05/31(Thu) -
久しぶりにフェスティバルホール。
東京を出ると、平日にオケ演奏を聴ける機会はかなり貴重なのだ。
タイミングが合ってラッキー!って感じかな。。。

 IMG_4347.jpg

メンデルスゾーンとマーラーのNo.4交響曲をセットにしたプログラム。
タクトを振るのはイタリアの新鋭、動きも音楽も若い!
それは悪いことでなく、これで円熟、熟成してくれば、という楽しみ含み。

ビックリしたのは客演のコンマス、何と!オラが街のオケのコンマスじゃ!
それだけで入り方が変わるから現金なものだ、と自らにほくそ笑む。

 IMG_4345.jpg

偶然にも、マーラーNo.4はオラが街のオケの次回定期演目。
トリフォニーの音響の良さも、改めて実感できることだろう。
コンマス一緒かな?、オケとホールを同じ曲で聞き比べできる機会。

それにしてもはマーラーの交響曲、仕掛けが多くて実にライブ向きだ!


この記事のURL | 音楽 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
とおせんぼ
- 2018/05/29(Tue) -
ほぼ海用のクルマ、10数年乗っていると、それなりの愛嬌が。。
そのひとつがETCで、このところ、通信機能が不安定。
つまり、ゲート通過に緊張感帯びて、ちょっと刺激的。

有人のETCゲートがある場所はそちらを選択するし、
通過ゲートが複数ある場所では極力空いているレーンを選択。
後続車が付かないようタイミングをはかり、ハザード点灯の準備。

途中のチェックポイント通過時の反応もヒヤヒヤ。
無事に通過できればニヤリ!、エラーが出てもニヤリ!
後続車にストレスを与えないよう注意しつつ、楽しんでしまえ〜!

IMG_4295.jpg

このところ、未反応率20%位かなぁ。。。。
通過場所も通過時刻もほぼ同じだから、対応頂ける方と顔見知りになりそう。。。

この記事のURL | 雑感 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
今月も遠征
- 2018/05/27(Sun) -
3月の田子、4月の安良里に続き、今回は“海好き”の遠征に乗っかって
獅子浜に遠征。3ヵ月続けて西伊豆を探索してきた。

沼津のポイントだ IMG_4313.jpg

現地合流、八幡野組より先に付いたので情報収集。
水中MAPで方位と地形を確認し、現地スタッフの方にも諸々聞いて
水面下の状態とをイメージし、海を眺めながらシミュレーション。
これ、水中での行動のため、けっこう重要なんだ。

IMG_4319.jpg

春濁りの時期、前日より透明度低下と聞いたが、5mは見えているので問題ナシ。
(良いに越したことはないけれどね)
愉快なメンバーと、なかなか楽しい海でした。
生物たちの様子は「MyサイトのDiving News」にアップしています。

それにしても、西伊豆に行ったときに富士山クッキリの時がない。。。

IMG_4305.jpg


この記事のURL | ダイビング | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ